Railsのsave!メソッドの使い方を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにRailsのsave!メソッドの使い方について現役エンジニアが解説しています。save!メソッドはモデルのインスタンスをデータベースに保存します。saveメソッドとの違いは、保存できなかった場合にfalseを返すか例外おを発生させるかの違いになります。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

Railsのsave!メソッドの使い方について解説します。

Rubyについてそもそもよく分からないという方は、Rubyとは何なのか解説した記事をまずご覧ください。

 

なお本記事は、TechAcademyのWebアプリケーションオンラインブートキャンプの内容をもとに紹介しています。

田島悠介

今回は、Rubyに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

Railsのsave!メソッドの使い方について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

保存メソッドとは

newメソッドでモデルのインスタンスを生成できますが、newをしただけではデータベースには保存されていません。また、既存のデータを User.find(1).name = “taro” のように更新しただけでは、変更内容は保存されません。

次のアクセス時に作成/更新したデータを参照したい場合には、保存メソッドでデータベースに保存をする必要があります。

save/save!メソッドとは

save/save!メソッドはデータベースに保存をするためのメソッドです。

newで生成したインスタンスや、findで取得したインスタンスでsave/save!メソッドを実行すると、データベースに保存されます。

 

[PR] Rubyのプログラミングで挫折しない学習方法を動画で公開中

save/save!メソッドの使い方

saveも save!も同じように、インスタンスを 生成/取得 した後に使います。

user = User.find(1)
user.name = "taro"
user.save
user.name = "kenji"
user.save!

 

どちらもデータのバリデーション(検証)と、データベースへの保存を行うメソッドですが、何が違うのかを簡単に説明します。

前提:バリデーション(検証)とは

データベースに保存する前に、データそのものの妥当性を検証する仕組みのことをバリデーション(validation)と呼びます。

nameカラムを持つUserモデルを例にして説明します。Userには名前(name)が必須なシステムの場合、app/models/user.rbを次のように編集すると、データベースに保存する前にnameが設定されてるかを検証してくれるようになります。

class User < ApplicationRecord
  validates :name, presence: true
end

 

saveメソッド

saveメソッドは、保存に成功したらtrueを、保存に失敗(バリデーションに失敗)したらfalseを返します。ですので、if/else文で保存できた場合、できなかった場合とで処理をわけると良いでしょう。

save!メソッド

save!メソッドは、保存に成功したらtrueを返しますが、保存に失敗(バリデーションに失敗)したら例外が発生します。ですので、保存できなかった場合の処理はrescue節で行う必要があります。

実際に書いてみよう

saveメソッド

if文の条件式部分でuser.saveとすることで、データベースへの保存処理とその結果による条件分岐を行っています。必要に応じて、保存 成功/失敗 時の処理を追加してあげるとよいでしょう。

user = User.new(name: "koji")
if user.save
  puts "保存に成功しました"
  # 保存成功時の処理
else
  puts "保存に失敗しました"
  # 保存失敗時の処理
end

 

save! メソッド

save!メソッドは、保存失敗時は例外が発生するので、begin/rescue節で処理を分けています。
こちらも必要に応じて、保存・成功/失敗 時の処理を追加してあげるとよいでしょう。

 

user = User.new(name: "koji")
begin
  user.save!
  puts "保存に成功しました"
  # 保存成功時の処理
rescue ActiveRecord::RecordInvalid => e
  puts e
  puts "保存に失敗しました"
  # 保存失敗時の処理
end

 

筆者プロフィール

メンター稲員さん

フリーランスエンジニア。
大手SEからフリーランスのWeb系エンジニアにジョブチェンジ。

経験言語:Ruby、Rails、Python、C/C++、Java、Perl、HTML/CSS3、JavaScript、CoffeeScript,Node.js。
おうち大好きマンです。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

TechAcademyでは初心者でも最短4週間でエンジニアになれるRuby on Railsオンラインブートキャンプを開催しています。

現役エンジニアがパーソナルメンターとして受講生に1人ずつつき、マンツーマンのメンタリングで学習をサポートし、最短4週間でオリジナルWebサービスを開発することが可能です。

また、現役エンジニアから学べる無料のプログラミング体験会も実施しているので、ぜひ参加してみてください。