JavaのTimestampクラスの使い方を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにJavaのTimestampクラスの使い方について解説しています。これは日時の取得に使用されます。基本の書き方とTimestampの処理の流れ、実行結果をサンプルコードで確認しましょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

JavaのTimestampクラスの使い方について解説します。実際にプログラムを書いて説明しているので、ぜひ理解しておきましょう。

 

なお本記事は、TechAcademyのJava講座の内容をもとに作成しています。

 

 

田島悠介

今回は、Javaに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

Timestampクラスの使い方について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

Timestampクラスとは

java.sql.Timestamp は Date/Time API と呼ばれるjava.util.Dateのサブクラスです。java.util.Dateは日時情報を秒まで保持できますが、java.sql.Timestamp小数点以下の秒数値まで保持することができ、JDBC APIではこれをSQLのTIMESTAMP値として使うことができます。

 

現在日時をTimestamp型で取得する

現在日時を保持するTimestamp型オブジェクトを作成する場合、以下のコンストラクタを使います。

Timestamp(long time)

引数には1970年1月1日、0時0分0秒GMT (グリニッジ標準時)を起点とした時間をミリ秒で表した値を指定します。

import java.sql.Timestamp;

public class Sample {

  public static void main(String[] args) {

    //協定世界時のUTC 1970年1月1日深夜零時との差をミリ秒で取得
    long millis = System.currentTimeMillis();

    //ミリ秒
    System.out.println(millis);

    //ミリ秒を引数としてTimestampオブジェクトを作成
    Timestamp timestamp = new Timestamp(millis);

    //Timestampオブジェクトの値
    System.out.println(timestamp.toString());

  }

}

上記のサンプルではjava.lang.SystemクラスのcurrentTimeMillisメソッドを使用することで、グリニッジ標準時からの経過時間をミリ秒で取得します。尚ここで取得する値はオペレーティング・システムに依存します。その後、取得したミリ秒を引数としてTimestampオブジェクトを作成します。

実行すると

1561903826947
2019-06-30 23:10:26.947

※実行タイミングにより値は異なります。

が出力されます。
Timestampオブジェクトが、「yyyy-mm-dd hh:mm:ss.fff」という形で出力されていることが確認できます。
System.out.println(timestamp.toString()); の行で記述しているtoStringメソッドは、Timestampオブジェクトが保持する値を文字列として返却します。

 

[PR] Javaで挫折しない学習方法を動画で公開中

実際に書いてみよう

文字列からTimestampオブジェクトを作成することもできます。

import java.sql.Timestamp;

public class Sample {

  public static void main(String[] args) {

    //日時を文字列で指定
    String datetime = "2019-05-01 01:02:03.123456789";

    //Timestampオブジェクトへ変換
    Timestamp timestamp = Timestamp.valueOf(datetime);

    //出力
    System.out.println(timestamp.toString());

 

  }

}

秒数の小数点は9桁まで指定することができます。上記サンプルの実行結果は

2019-05-01 01:02:03.123456789

となります。指定する文字列は「yyyy-mm-dd hh:mm:ss.fffffffff」という形式である必要があります。

もし

String datetime = "2019年5月1日 01時02分03秒123";

のように、形式に沿わない指定をすると実行時にエラーとなります。

 

監修してくれたメンター

長屋雅美

独立系SIerで7年勤務後、現在はフリーのエンジニアとして自宅をオフィスとして活動しています。
JavaやC♯、shellscriptを用いた開発を主に担当し、TechAcademyではJavaコースを担当しています。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

オンラインのプログラミングスクールTechAcademyでは、Java講座を開催しています。

JavaやServletの技術を使ってWebアプリケーションの開発を学ぶことができます。

現役エンジニアがパーソナルメンターとして受講生に1人ずつつき、マンツーマンのメンタリングで学習をサポートし、最短4週間で習得することが可能です。

また、現役エンジニアから学べる無料のプログラミング体験会も実施しているので、ぜひ参加してみてください。