Pythonのbool型について現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにPythonのbool型について現役エンジニアが解説しています。bool型とはTrueとFalseの2種類の値を取るデータ型のことです。真偽値とも言います。bool型の値は、trueやfalseを返す関数の中で使われたり、if文などの条件分岐、for文などの繰り返し文で使われます。

TechAcademyマガジンは受講者数No.1のオンラインプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事を公開中。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

監修してくれたメンター

nakamoto

アジマッチ有限会社 代表取締役
対応業務:PHP(Laravel)、機械学習、Vue.js、LAMP・AWS、越境EC、スマホアプリ、Unity、Rails、スマートコントラクト、講師、執筆、CTO

Pythonのbool型について、テックアカデミーのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

Pythonのbool型について理解することで、if文などの条件結果を活用できます。

実務でもbool型を利用して、合否判定など実装しますので学習してみてくださいね。

目次

そもそもPythonについてよく分からないという方は、Pythonとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

田島悠介

今回は、Pythonに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

Pythonのbool型について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

他の言語同様、Pythonにもbool型の変数を設定できます。

この型はif文などの条件を分岐するときによく使われます。

また、さまざまな型でbool型を使う機会が出てきますので、使い方に慣れておくことをおすすめします。

 

bool型とは

bool型には、TrueとFalseの2種類しかありません。

また、この型の最初の文字は大文字で指定する必要があります。

もし、trueとすべてを小文字で指定した場合にはエラーを返します。

整数、小数などの数値にbool型の判定を行う場合、0の場合にはFalseを、それ以外の場合にはTrueを返します。

 

bool関数の使い方

bool関数は関数内での処理の結果、TrueやFalseを返す関数です。

 

数値で判断

例えば、関数かどうかを判定するbool関数を作成する場合は下記の通りです。

サンプルコード

print(bool(1))
print(bool(0))

解説

bool(1)では、引数が1のため、print表示するとTrueが表示されます。

bool(0)では、引数が0のため、print表示するとFalseが表示されます。

 

文字列で判断

また、文字列が存在しているかどうかで判断することも可能です。

サンプルコード

print(bool("文字列があります"))
print(bool(""))

解説

bool(“文字列があります”)では、文字列を引数で指定しているため、print表示するとTrueが表示されます。

bool(“”)では、引数が指定されていないため、print表示するとFalseが表示されます。

表示結果

 

 

[PR] Pythonで挫折しない学習方法を動画で公開中

実際に書いてみよう

指定した数字が3の倍数だった場合にboolを利用して判定してみましょう。

サンプルコード

def baisu(num):
    if num % 3 == 0:
        return True
if baisu(15):
    print('3の倍数です')

解説

def baisu(num):では、関数baisuを定義しています。

仮引数にはnumを指定します。

関数については、Pythonでreturnを使う を参考にしてみてください。

 if num % 3 == 0:では、仮引数numが3で割り切れる場合という条件を指定しています。

return Trueでは、Trueを返す処理をしています。

if baisu(15):では、baisu関数の実引数に15を指定しています。

15が3の倍数であるので、Trueが返ってきます。

print(‘3の倍数です’)では、Trueが返ってきた結果、3の倍数であることを表示しています。

表示結果

 

まとめ

今回はbool関数を使って簡単な判断を行ってみました。

bool型は条件分岐に非常に役立ちますので、利用してみてください。

 

執筆してくれたメンター

中本賢吾(なかもとけんご)
アジマッチ有限会社 代表取締役社長開発実績:PHPフレームワークによるフランチャイズ企業向け会員制SNS。Shopifyによる海外進出用大規模ネットショップ構築。Vue.jsによる金融機関向け内部アプリ。AWSやLinuxハウジングサーバでの環境構築。人工知能を利用した画像判別システム。小売チェーン店舗用スマホアプリ。WordPressによる不動産チェーン店向け賃貸・売買仲介システム。基幹システム移管用データコンバートシステム。小学生がUnityでオリジナルAndroidアプリをGoogle Playでリリース、NHK Whyプログラミング入賞、全国Programming Festival入賞、中学生がノーコードでSNS型PWAアプリリリースなど、ボランティアプログラミング教育活動行っている。

 

大石ゆかり

内容が分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

Pythonを学習中の方へ

これで解説は終了です、お疲れさまでした。

  • つまずかず「効率的に」学びたい
  • 副業や転職後の「現場で使える」知識やスキルを身につけたい

プログラミングを学習していて、このように思ったことはありませんか?

テックアカデミーのPythonコースでは、第一線で活躍する「プロのエンジニア」が教えているので、効率的に実践的なスキルを完全オンラインでしっかり習得できます。

合格率10%の選考を通過した、選ばれたエンジニアの手厚いサポートを受けながら、人工知能(AI)や機械学習の基礎を学べます。

まずは一度、無料体験で学習の悩みや今後のキャリアについて話してみて、「現役エンジニアから教わること」を実感してみてください。

時間がない方、深く知ってから体験してみたい方は、今スグ見られる説明動画から先に視聴することをおすすめします!