Pythonのif文でNoneかどうかを判定する方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにPythonのif文でNoneかどうかを判定する方法について現役エンジニアが解説しています。NoneとはPythonでnullオブジェクトのことで、空っぽを意味します。if文でのNoneかどうかを判定する書き方や使い方を解説します。

TechAcademyマガジンは受講者数No.1のオンラインプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事を公開中。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

Pythonのif文でNoneかどうかを判定する方法について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して、初心者向けに解説します。

 

Pythonについてそもそもよく分からないという方は、Pythonとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプ、Python講座の内容をもとに紹介しています。

 

田島悠介

今回は、Pythonに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

Pythonのif文でNoneかどうかを判定する方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 
この記事では、Pythonにおいて、if文を使ってオブジェクトが「nullオブジェクト」である「None」であるかどうかを判定する方法について解説します。
 

目次

 

Noneとは

まずは、Pythonにおける「nullオブジェクト」である「None」について解説します。

「nullオブジェクト」というのは、かんたんに言えば「空っぽのオブジェクト」です。

例えば、辞書型オブジェクト

fruits = {1:"apple", 2:"lemon", 3:"melon"}

について、存在しないキーを指定したものをprint関数で出力してみます。

print(fruits.get(4))

すると、

None

と表示されます。

これは、指定したキーに対応する要素が存在しないので、「空っぽのオブジェクト」として「None」が返されたことを意味します。

このように、何もない空っぽのオブジェクトとして、関数の返り値など様々な場合においてNoneは現れてきます。
 

[PR] Pythonで挫折しない学習方法を動画で公開中

Noneかどうかを判定する方法

Pythonにおける処理のときには、Noneオブジェクトを使うとエラーが生じる場合もあります。

そのために、処理を行なう前にNoneかどうかを確認する必要が生じてきます。

Noneを確認するためには、if文とis演算子を使います。

is演算子は2つのオブジェクトが一致しているかどうかを比較するための演算子なので、

オブジェクト is None

とすると、

オブジェクトがNoneのとき→True

オブジェクトがNoneでないとき→False

が返されます。

これとif文を組み合わせることにより、

if オブジェクト is None:
    Noneだった場合の処理
else:
    Noneでない場合の処理

と記述すれば、Noneをそのまま処理したときのエラーを回避できます。
 

実際に書いてみよう

それでは、実際にコードを書いてnulllオブジェクトであるかどうか、すなわち、Noneであるかどうかを確認してみましょう。

サンプルプログラムでは、辞書型のキーに対して、存在するキーを指定した場合は対応する要素を表示し、存在しないキーを指定した場合「そのようなデータは存在しません。」と表示する処理を行なう関数を使います。

//辞書型の定義
>>>fruits = {1: 'apple', 2: 'lemon', 3: 'melon'}

//関数の定義
>>>def func(i):
       if fruits.get(i) is None:
           print("そのようなデータは存在しません。")
       else:
           print(fruits.get(i))

//キーが存在する場合
>>>func(1)
出力:apple

//キーが存在しない場合
>>>func(5)
出力:そのようなデータは存在しません。

このように、Noneであるかどうかをif文で確認することによって、エラーを起こさずに処理を行なうことができます。
 

まとめ

この記事では、Pythonにおける「nullオブジェクト」である「None」を確認する方法について解説しました。

Noneの扱い方について慣れておけば、エラーの少ないプログラムを構成できると思います。
 

監修してくれたメンター

小倉翔悟(おぐらしょうご)

AIプログラミングを使って開発を行う大学3年生。

プログラミング歴は約3年でPythonは割と得意。好きな物理理論は一般相対性理論で動物も好き。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間で、Pythonを使った人工知能(AI)や機械学習の基礎を習得できる、オンラインブートキャンプを開催しています。

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。