連想配列を身につけよう!Ruby on RailsのHashの使い方【初心者向け】

Ruby on Railsで書くhashの使い方を解説している記事になります。hash(ハッシュ)は日本語で連想配列と言い、配列とよく似たオブジェクトです。hashを使えば楽にかつ見やすくプログラムを書くことができます。

テックアカデミーマガジンは受講者数No.1のプログラミングスクール「テックアカデミー」が運営。初心者向けにプロが解説した記事を公開中。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。 ※ アンケートモニター提供元:GMOリサーチ株式会社 調査期間:2021年8月12日~8月16日  調査対象:2020年8月以降にプログラミングスクールを受講した18~80歳の男女1,000名  調査手法:インターネット調査

RubyのフレームワークのRailsで、hashは日本語で連想配列と言い、配列とよく似たオブジェクトです。それではhashの詳しい解説していきたいと思います。

なお本記事は、TechAcademyのWebアプリケーションオンラインブートキャンプの内容をもとに紹介しています。

 

田島悠介

今回はRuby on Railsで連想配列を使う方法を紹介しよう。

大石ゆかり

田島メンター!!連想配列はRubyでもやりましたが、確か添字に文字列が使えるものでしたっけ?

田島悠介

そうだね。まずは基本の書き方をおさらいしよう。簡単な例を実際に書いてみるよ。

大石ゆかり

はい!

 

hashとは

hashとはHashクラスのことです。と言っても分からないと思いますので、詳しく言うと、2つの要素を結び付けているものといった方がわかりやすいでしょうか。

連想配列という、結びつきのある配列を言います。配列と同じように複数のオブジェクトへの参照をまとめて管理することができます。

配列と違うのは、ハッシュではそれぞれにキーを指定することで値を取得することができます。配列のように要素の順番で参照することはできないところでしょう。

 

hashの書き方

以下のように記述します。

player = {"kato" => 30, "Sato" => 25}

これで「kato」は30の値を持ち、「Sato」は25の値を持っていることになります。
呼び出すときは以下のように書きます。

player["kato"]

これで「kato」の持っている値(いわば30)を呼び出すことができます。

[PR] Rubyのプログラミングで挫折しない学習方法を動画で公開中

hashの使い方

それではhashを実際に使用してみましょう。

hs = {“first” => 1, “second” => 2}
hs[first] #=> 1
hs[second] #=> 2

比較用に配列を用いて書いてみると

a = [“1”,”2”]
a[0] #=> 1
a[1] #=> 2

挙動が良く似ている事が確認できます。
大きな違いとしては、値にそれぞれキーを設定できるという事です。
キーを設定できる事にによって、そのオブジェクトが何を示しているのか、解りやすくなり、プログラムの可読性が上がります。

 

大石ゆかり

例えば、連想配列内の要素を出力したい場合はどうしたらいいですか~?

田島悠介

puts ハッシュオブジェクト[“キー”]のように入力しよう。上の例の場合だとputs hs[“first”]となるね。

大石ゆかり

分かりました!

 

シンボルを利用したハッシュの書き方

一般的にRails内ではハッシュは以下のような書き方をされます。

hs1 = {first: 1, second: 2}
hs1[:first]
hs2[:second]

非常に楽に書く事が出来ます。

 

コラム

実は私も!?独学で損する人の特徴

「スクールは高いから独学で成功する」という気持ちの方は多いと思います。
もちろんその方が金額は低く抑えられるでしょう。
ただ 独学には向き不向きがあり、実はスクールが向いている人も大勢います。

そんな方のために参考として、 テックアカデミー卒業生がスクールを選んだ理由 をご紹介します。

  • ・困って挫折しそうなときに、質問や相談できる相手がいる環境で学んでいきたいなと思った
  • ・わかった気になっているだけだったので、自分を追い込む環境に置いた方がいいと感じた
  • ・スクールのカリキュラムで市場に求められるスキルを学ぶべきと思った

少しでも当てはまる部分があれば、 スクールが向いているかもしれません。
お試しのつもりで、まずは一度 無料相談 に参加してみませんか?

現役エンジニア・デザイナーに何でも気軽に相談できる30分すべて無料で できます。
無理な勧誘は一切ない ので、お気軽にご参加ください。

今なら相談した方限定の割引・参加特典付き! 無料相談はこちら

なぜhashを使用するのか

例えばユーザーモデル内のオブジェクトが配列で定義されていたとします。ユーザーのデータを取得しようとすると

User[0] #=> “Tech”
User[1] #=> “Academy”
User[2] #=> “TechAcademy@example.com”

このようになってしまい、それぞれが何を表すデータか分かりにくくなります。
hashで定義すると

User[:name] #=> “Tech”
User[:nickname] #=> “Academy”
User[:email] #=> “TechAcademy@example.com”

このようにそのデータが何を表すデータなのか分かりやすくなります。

 

今回はhashについて解説しました。
hashはRailsで頻出するオブジェクトなのできっちり理解しておくようにしましょう。

 

田島悠介

シンボルとその書き方についても説明したよ。

大石ゆかり

確かにこうやって名前をつけておくと、判別しやすくて便利ですね。

田島悠介

{first: 1, second: 2}は{:first => 1, :second => 2}としても結果は同じになるよ。略した場合は”:”の位置などを間違えないように気をつけよう。

大石ゆかり

なるほど、ありがとうございました!

 

[お知らせ]TechAcademyでは初心者でも8週間でエンジニアになれるRuby on Railsオンラインブートキャンプを開催しています。RubyでWebアプリを開発したい方はご参加ください。

初心者・未経験でもできる。まずはテックアカデミーに相談しよう

プログラミングを独学していて、このように感じた経験はないでしょうか?

  • ・調べてもほしい情報が見つからない
  • ・独学のスキルが実際の業務で通用するのか不安
  • ・目標への学習プランがわからず、迷子になりそう

テックアカデミーでは、このような 学習に不安を抱えている方へ、現役エンジニア講師とマンツーマンで相談できる機会を無料で提供 しています。
30分間、オンラインでどんなことでも質問し放題です。

「受けてよかった」と感じていただけるよう 厳しい試験を通過した講師 があなたの相談に真摯に向き合います。

「ただ気になることを相談したい」
「漠然としているがプロの話を聞いてみたい」

こんな気持ちでも大丈夫です。

無理な勧誘は一切ありません ので、まずはお気軽にご参加ください。
※体験用のカリキュラムも無料で配布いたします。(1週間限定)

今なら参加者限定の割引特典付き! 無料相談を予約する