連想配列を身につけよう!Ruby on RailsのHashの使い方【初心者向け】

Railsで書くhashの使い方を解説している記事になります。hash(ハッシュ)は日本語で連想配列と言い、配列とよく似たオブジェクトです。hashを使えば楽にかつ見やすくプログラムを書くことができます。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

RubyのフレームワークのRailsで、hashは日本語で連想配列と言い、配列とよく似たオブジェクトです。それではhashの詳しい解説していきたいと思います。

なお本記事は、TechAcademyのWebアプリケーションオンラインブートキャンプの内容をもとに紹介しています。

 

田島悠介

今回はRuby on Railsで連想配列を使う方法を紹介しよう。

大石ゆかり

田島メンター!!連想配列はRubyでもやりましたが、確か添字に文字列が使えるものでしたっけ?

田島悠介

そうだね。まずは基本の書き方をおさらいしよう。簡単な例を実際に書いてみるよ。

大石ゆかり

はい!

 

hashの使い方

それではhashを実際に使用してみましょう。

hs = {“first” => 1, “second” => 2}
hs[first] #=> 1
hs[second] #=> 2

比較用に配列を用いて書いてみると

a = [“1”,”2”]
a[0] #=> 1
a[1] #=> 2

挙動が良く似ている事が確認できます。
大きな違いとしては、値にそれぞれキーを設定できるという事です。
キーを設定できる事にによって、そのオブジェクトが何を示しているのか、解りやすくなり、プログラムの可読性が上がります。

 

大石ゆかり

例えば、連想配列内の要素を出力したい場合はどうしたらいいですか~?

田島悠介

puts ハッシュオブジェクト[“キー”]のように入力しよう。上の例の場合だとputs hs[“first”]となるね。

大石ゆかり

分かりました!

 

シンボルを利用したハッシュの書き方

一般的にRails内ではハッシュは以下のような書き方をされます。

hs1 = {first: 1, second: 2}
hs1[:first]
hs2[:second]

非常に楽に書く事が出来ます。

 

[PR] Rubyのプログラミングで挫折しない学習方法を動画で公開中

なぜhashを使用するのか

例えばユーザーモデル内のオブジェクトが配列で定義されていたとします。ユーザーのデータを取得しようとすると

User[0] #=> “Tech”
User[1] #=> “Academy”
User[2] #=> “TechAcademy@example.com”

このようになってしまい、それぞれが何を表すデータか分かりにくくなります。
hashで定義すると

User[:name] #=> “Tech”
User[:nickname] #=> “Academy”
User[:email] #=> “TechAcademy@example.com”

このようにそのデータが何を表すデータなのか分かりやすくなります。

 

今回はhashについて解説しました。
hashはRailsで頻出するオブジェクトなのできっちり理解しておくようにしましょう。

 

田島悠介

シンボルとその書き方についても説明したよ。

大石ゆかり

確かにこうやって名前をつけておくと、判別しやすくて便利ですね。

田島悠介

{first: 1, second: 2}は{:first => 1, :second => 2}としても結果は同じになるよ。略した場合は”:”の位置などを間違えないように気をつけよう。

大石ゆかり

なるほど、ありがとうございました!

 

[お知らせ]TechAcademyでは初心者でも8週間でエンジニアになれるRuby on Railsオンラインブートキャンプを開催しています。RubyでWebアプリを開発したい方はご参加ください。