初心者でも簡単にできる!WordPressをインストールする方法

WordPressでサイトを作成してみたい!という方向けに、初心者でも簡単にできるWordPress(ワードプレス)のインストール方法を紹介する記事です。

試してみたけどできなかったという人はこの記事を参考にインストールしてみてください。今回はWindowsを使って紹介しますが、基本的な操作はMacも同じです。
さらに簡単な方法で試したい場合は、WordPressで簡単インストールを利用する方法を使ってみてください。

 

なお本記事は、TechAcademyのWordPressオンラインブートキャンプの内容をもとに紹介しています。

 

目次

本記事では4つの項目に分けてインストールの手順をご紹介します。

  1. 事前に用意するもの
  2. WordPressのダウンロード
  3. サーバーへのアップロード
  4. ブラウザからログイン

 

 

事前に用意するもの

WordPressのインストールには、レンタルサーバーとFTPクライアントが必要です。

 

レンタルサーバー

WordPressを利用できるサーバーには条件があります。対応状況は、レンタルサーバーのサイトで確認することができます。以前に、レンタルサーバーを紹介する記事を公開しているので、この中から選んでみてください。

今回はミニバードというレンタルサーバーを使用して説明していきます。

 

FTPクライアント

サーバーへファイルを転送するためにFTPクライアントを用意します。こちらも以前に、無料のFTPクライアントソフトを紹介する記事を公開しているので、使っているOSにあったソフトを使ってください。

今回はFileZillaを使って説明します。

 

 

WordPressのダウンロード

事前の準備ができたら、WordPress日本語ローカルサイトからWordPressをダウンロードします。

wp_setup_1

WordPressをダウンロードというボタンをクリックすると、すぐにダウンロードが始まります。

ダウンロードしたファイルを解凍して保存しておいてください。

 

 

サーバーへのアップロード

続いて、ダウンロードしたファイルをサーバーへアップロードします。ここからはFTPクライアントを使います。

今回はFileZillaを使って説明しますが、基本的に他のソフトでも同じような操作が可能です。

 

ファイルのアップロードとパーミッションの設定

wp_setup_2_0

左上のアイコンをクリックして「サイトマネージャ」を開きます。

 

wp_setup_2_1

「新しいサイト」をクリックします。

 

wp_setup_2_12

ログオンの種類を「通常」にし、ホスト名・ユーザー名・パスワードの3つを入力します。

入力したら「接続」をクリックします。

※ホスト名・ユーザー名・パスワードはサーバーによって確認の方法が違います。
(ミニバードの場合は契約時のメールに設定項目が記載されています)

 

wp_setup_2

枠の中が今サーバー内にあるファイルになります。

 

wp_setup_2_2

サーバー側のウィンドウ内で右クリックして「ディレクトリを作成」を選択します。

 

wp_setup_3

半角英数字で任意の名前を入力します。今回は「wp」としています。

 

このディレクトリを作成した場所がそのままWordPressサイトのアドレスになります。
例えば、http://www.xxxxx.jp/内にwpというディレクトリを作成した場合、WordPressサイトへのアドレスはhttp://www.xxxxx.jp/wp/となります。

 

wp_setup_4

作成した「wp」フォルダをクリックして開きます。

 

wp_setup_5

解凍したWordPressフォルダ内のファイルすべてを選択し、右クリックして「アップロード」を選択します。

 

wp_setup_5_1

次に、wpフォルダを右クリックして「ファイルのパーミッション」を選択します。

 

wp_setup_5_2

「数値」を705に変更します。(既に705になっている場合はそのままでOKです)

 

wp_setup_5_3

wpフォルダの中のwp-contentフォルダも同様に705に変更します。

サーバーへのアップロードはここまでです。

 

 

ブラウザからログイン

最後に、ブラウザからアクセスしてログインしてみます。

 

wp_setup_6

先ほど作成したディレクトリのアドレスにブラウザでアクセスします。

上のようなメッセージが出るので「設定ファイルを作成する」をクリックします。

 

wp_setup_7

「さあ、始めましょう!」をクリックします。

 

wp_setup_8

枠内の項目を入力します。

データーベースの情報は各レンタルサーバーのマイページ等で確認することができます。

 

wp_setup_9

「インストール実行」をクリックします。

 

wp_setup_10

枠内の項目を入力します。ユーザー名とパスワードは後で使うので忘れないようにしましょう。

  • サイトのタイトル
    サイトのタイトルに設定されます。後で変更可能で、日本語も入力できます。
  • ユーザー名
    ログインする時に必要なユーザー名です。半角英数字で入力します。
  • パスワード
    ログインする時に必要なパスワードです。なるべく「強力」になるように設定しましょう。
  • メールアドレス
    サイトの管理に関するメッセージを受け取るメールアドレスを入力します。

 

入力したら一番下の「WordPressをインストール」をクリックします。

 

wp_setup_11

インストール完了のメッセージが表示されますので、「ログイン」をクリックします。

 

wp_setup_12

先ほど設定した「ユーザー名」と「パスワード」を入力します。

 

wp_setup_13

WordPressへのログインが完了して、「ダッシュボード」画面が表示されます。記事の投稿や編集はここから行います。

 

今回の記事を参考にインストールできましたか?

インストールができたら、記事の投稿やプラグインのインストールテーマのインストールをしてみましょう。

また、WordPressをローカルで使いたい場合は、XAMPPを使ってWordPress用にローカル環境構築する方法も合わせてご覧ください。

[お知らせ]TechAcademyでは、WordPressを使ってカスタマイズしたオリジナルサイトを構築できるWordPressオンラインブートキャンプを開催しています。期間中は現役エンジニアのメンターが毎日学習をサポートするので、独学よりも効率的に学ぶことができます。