初心者でも簡単にできる!WordPressをインストールする方法|現役エンジニアが解説

WordPressでサイトを作成してみたい!という方向けに、初心者でも簡単にできるWordPress(ワードプレス)のインストール方法を紹介する記事です。WordPressのダウンロードから、サーバーへのアップロード方法まで紹介。

TechAcademyマガジンは受講者数No.1のオンラインプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事を公開中。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

WordPressでサイトを作成してみたい!という方向けに、初心者でも簡単にできるWordPress(ワードプレス)のインストール方法を紹介する記事です。

「試してみたけどできなかった」という人はこの記事を参考にインストールしてみてください。

今回はWindowsを使って紹介しますが、基本的な操作はMacも同じです。

さらに簡単な方法で試したい場合は、WordPressで簡単インストールを利用する方法を使ってみてください。

目次

本記事では4つの項目に分けてインストールの手順をご紹介します。

 

 

大石ゆかり

田島メンター!WordPressってどうやって構築したらいいんですか?

田島悠介

WordPressを構築するにはまずレンタルサーバーを借りる必要があるね。

そしてデータベースを設定してFTPでアップロードすれば大体完了だね。

大石ゆかり

ちょっとむずかしそうですね・・・。

田島悠介

そんなことはないよ。

ひとつひとつやっていけば大丈夫だから。

一緒にやってみようか。

大石ゆかり

はい、お願いします♪

 

 

事前に用意するもの

WordPressのインストールには、レンタルサーバーとFTPクライアントが必要です。

 

レンタルサーバー

WordPressを利用できるサーバには条件があります。

(対応状況は、各レンタルサーバーのサイトで確認することができます)

以前に、レンタルサーバーを紹介する記事を公開しているので、この中から選んでみてください。

今回はミニバードというレンタルサーバーを使用して説明していきます。

 

FTPクライアントソフト

サーバへファイルを転送するためにFTPクライアントソフトを用意します。

こちらも以前に、無料のFTPクライアントソフトを紹介する記事を公開しているので、ご使用中のOSに合ったソフトを使ってください。

今回はFileZillaを使って説明します。

 

 

[PR] WordPressで挫折しない学習方法を動画で公開中

WordPressのダウンロード

事前の準備ができたら、WordPress日本語ローカルサイトからWordPressをダウンロードします。

wp_setup_1

「WordPressをダウンロード」というボタンをクリックすると、すぐにダウンロードが始まります。

ダウンロードしたファイルを解凍して保存しておいてください。

 

サーバへのアップロード

続いて、ダウンロードしたファイルをサーバへアップロードします。

ここからはFTPクライアントソフトを使います。

今回はFileZillaを使って説明しますが、基本的に他のソフトでも同じような操作が可能です。

 

①ファイルのアップロード

wp_setup_2_0

左上のアイコンをクリックして「サイトマネージャ」を開きます。

 

 

wp_setup_2_1

「新しいサイト」をクリックします。

 

 

wp_setup_2_12

ログオンの種類を「通常」にし、ホスト名・ユーザー名・パスワードの3つを入力します。

入力したら「接続」をクリックします。

※ホスト名・ユーザー名・パスワードは、ご自身で契約しているレンタルサーバーにてご確認ください。
(ミニバードの場合は契約時のメールに設定項目が記載されています)

 

 

 

wp_setup_2

枠の中が、現在、サーバ内にあるファイルです。

 

 

wp_setup_2_2

サーバ側のウィンドウ内で右クリックして「ディレクトリを作成」を選択します。

 

 

wp_setup_3

半角英数字で任意の名前を入力します。

今回は「wp」としています。

 

 

特別な設定をしないかぎり、このディレクトリを作成した場所がそのままWordPressサイトのアドレスになります。

例えば、http://www.xxxxx.jp/内にwpというディレクトリを作成した場合、WordPressサイトへのアドレスは、http://www.xxxxx.jp/wp/になります。

 

 

wp_setup_4

作成した「wp」フォルダをクリックして開きます。

 

 

wp_setup_5

解凍したWordPressフォルダ内のファイルすべてを選択し、右クリックして「アップロード」を選択します。

 

 

②パーミッションの設定

 

wp_setup_5_1

次に、「wp」フォルダを右クリックして、「ファイルのパーミッション」を選択します。

 

 

wp_setup_5_2

「数値」を705に変更します。(既に705になっている場合はそのままでOKです)

 

 

wp_setup_5_3

「wp」フォルダの中にある「wp-content」フォルダも同様に705に変更します。

サーバへのアップロードはここまでです。

 

 

WordPressにログイン

最後に、ブラウザからアクセスして、WordPressにログインしてみます。

 

①ブラウザからアクセスする

先ほど作成したディレクトリのアドレスに、ブラウザからアクセスします。

※今回は「wp」フォルダ内にアップロードしているため、アクセスするアドレスはhttp://www.xxxxx.jp/wp/になります。

 

wp_setup_6

上のような画面が出たら「設定ファイルを作成する」をクリックします。

 

 

wp_setup_7

「さあ、始めましょう!」をクリックします。

 

 

②データベースの設定

wp_setup_8
データベースの設定をするため、赤枠内の項目を入力しましょう。

※データベースの情報は各レンタルサーバーのマイページなどで確認することができます。

 

 

「送信」を押すと、次のような画面が現れます。

wp_setup_9

「インストール実行」をクリックします。

 

②WordPressの設定

wp_setup_10

続いて、WordPressの基本設定を行うため、赤枠内の項目を入力します。

ユーザー名とパスワードは後で使うので忘れないようにしましょう。

 

サイトのタイトル

サイトのタイトルに設定されます。

後で変更可能で、日本語も入力できます。

ユーザー名

ログインする時に必要なユーザー名です。

半角英数字で入力します。

パスワード

ログインする時に必要なパスワードです。

なるべく「強力」になるように設定しましょう。

メールアドレス

サイトの管理に関するメッセージを受け取るメールアドレスを入力します。

入力したら一番下の「WordPressをインストール」をクリックします。

 

wp_setup_11

問題がなければ、インストール完了のメッセージが表示されますので、「ログイン」をクリックします。

 

 

wp_setup_12

先ほど設定した「ユーザー名」と「パスワード」を入力します。

 

 

wp_setup_13

WordPressへのログインが完了して、「ダッシュボード」画面が表示されます。

記事の投稿や編集はここから行います。

 

今回の記事を参考にインストールできましたか?

インストールができたら、記事の投稿やプラグインのインストールテーマのインストールをしてみましょう。

おしゃれなWebサイトを作るのにおすすめなWordPressのテーマもぜひチェックしてみてください。

また、WordPressをローカルで使いたい場合は、XAMPPを使ってWordPress用にローカル環境構築する方法も合わせてご覧ください。

 

監修してくれたメンター

Mak Tak

イラストレーター兼Webエンジニア。

4年間Web制作会社にてフロントエンドを担当したのち、現在はフリーランスとして活動。

アニメーションを駆使したPOPなWebデザインが得意。

居場所に縛られない働きかたを謳歌しています。

 

 

大石ゆかり

ひとつひとつ、順番にやっていけば簡単でしたね♪

田島悠介

そうだね。

WordPressはインストールさえしてしまえばいろいろなサイトを簡単に作れるから、とても便利だよ♪

大石ゆかり

はい、やってみます!

また、現役エンジニアから学べる無料のプログラミング体験会も実施しているので、ぜひ参加してみてください。

[お知らせ]テックアカデミーでは、WordPressを使ってカスタマイズしたオリジナルサイトを構築できるWordPressコースを開催しています。
期間中は現役エンジニアのメンターが毎日学習をサポートするので、独学よりも効率的に学ぶことができます。