(※1)卒業生向けの仕事紹介・支援サービス「テックアカデミーワークス」では初回の仕事紹介を保証しており、テックアカデミーでの学習開始から最短2ヶ月程度で実務に取り組むことが可能です。

30代でフリーランスのWebデザイナーに転身した卒業生に、フリーランスになった後工夫されていることや、仕事獲得の経緯についてお話を伺いました。(※2)
今回のインタビュー記事は前編後編に分かれていますので合わせてご覧ください。
(※2)記事に記載している内容は2022年5月時点の情報です。

1分でわかる記事要約

・学習開始から約1年でテックアカデミーワークスの仕事だけでなく、地元企業と契約、クラウドソーシングサービス経由でWebデザイン関連の仕事に取り組めるレベルまで成長。
・クラウドソーシングサービス上での自分の評価を増やすこと、早い返信を心がけること、難しい要望に対しても代案を提案するなど様々な工夫をすることで依頼主との信頼関係を築きリピート受注に成功。
・SNSでフリーランスを目指している人とコミュニケーションを取り合うことでモチベーションを保ちつつ、自身と同じ悩みを抱える人の役に立てるよう積極的に情報発信を行う。

話してくれた人

小坂さんプロフィール.png
> 小坂 香央里(こさか かおり・32歳)さん
> 北海道在住。短大卒業後、医療秘書や工場、学校の総務などバックオフィスの仕事に従事した、フリーランスのWebデザイナーに転身。趣味はHP制作、DIY、セルフネイルなど幅広く、デザインや物づくりに関することが好き。

受講から1年。フリーランスとしてクラウドソーシングサービスで仕事を受託

――小坂さんは現在フリーランスとしてテックアカデミーワークスだけでなく、クラウドソーシングサービスや地元企業からもお仕事を受けられていると伺っています。

はい。テックアカデミーで学習をはじめてから1年以内に、テックアカデミーワークス経由で7件、クラウドソーシングサービス経由で10件、地元北海道の企業2社との契約を結んでいます。

――かなり実績がありますね!未経験でもクラウドソーシングサービスで仕事を獲得するためのコツはありますか?

コツではないのですが、普段仕事をする上で自分に対して信頼してもらえるよう心掛けていることがいくつかあります。

まず仕事を獲得する前までは、とにかく クラウドソーシングサービス上での自分の評価を増やすこと です。クラウドソーシングサービスは、過去に仕事を依頼して下さった方からの自分の評価が5段階で表示されるようになっています。そしてその評価が高い人ほど、一つの仕事に対して複数のエントリーがあった時に依頼主から選ばれやすい傾向があります。はじめはWebサイト制作やWebデザインなどの仕事の受注はできなかったものの、自分のスキルでも確実にできる仕事を受注することによって自分の評価数を増やすようにしていました。

次に仕事へのエントリー後に心掛けていることは、 依頼主や企業から連絡があった時はすぐに返信をすること です。急ぎの仕事内容であることも多いので、対応する側からすぐに連絡がある方が依頼先として決まりやすいように思います。これは専門的なスキルが足りていなくても常日頃意識してできることです。この点については事務職での顧客へのメールなどの経験がかなり活かされています。

実際に自分が仕事をすることになった時は、 自分のスキルだけでは実装できないことに対して「できない」と言うのではなく、代案を提案する ようにしています。代案を提案することで、特に依頼側で問題がなければ「その代案でいきましょう」となるケースもありますし、真剣に依頼内容に対して向き合っている印象を持ってもらうことができます。

依頼主側との信頼を構築することで、「前回もやってもらったからお願い!」と継続して依頼してもらえることが多いです。

地元企業と契約がフリーランスとして活動することの自信に

――フリーランスとして活躍したい方にとってかなり大事なポイントですね!地元の企業とはどのような経緯で契約に至ったのでしょうか?

友人の知人経由で地元企業からの仕事を紹介してもらい、契約に至りました。
フリーランスになった方は、まず友人や前職などの仕事で繋がった方にフリーランスになったことをお話すると良いと思います。紹介経由の方が、新規や営業経由より信頼があるため仕事の話が進みやすいですし、実はWeb周りのことをどこに依頼すれば良いのか困っているという企業や個人の方も多く、突発的に仕事に繋がることがあると思います。

紹介経由だけでなく、企業のホームページを検索して営業活動もしていますが、信頼のある人からの紹介の方が早く仕事に繋がりやすいと感じています。

――フリーランスになる前と現在でギャップはありましたか?

悪いギャップは感じませんでした。収入は月によって数万円程度だったりとばらつきがありますが、想定の範囲内でした。実績も増えてきたので、引き続きクラウドソーシングサービスや営業活動を続ける予定です。

良いギャップとしては、学習して1年の立場でも複数の仕事を獲得できるということです。 フリーランスはかなりハイレベルのスキルを持った方しかなることができない、というイメージを持つ方が多い と思うのですが、スキルを身につけて挑戦しようという覚悟さえあれば誰でもなれると思っています。今のWeb周りの仕事自体が好きなので、フリーランスになってよかったと感じています!

hobby_4.JPG
フリーランスになり、気分転換に運動をすることも増えたという。

自分と同じ悩みを抱える人の役に立ちたい

――フリーランスは会社員と異なり、お一人でお仕事をすることが多いため、心細いこともあると思います。モチベーションはどのように保たれているのでしょうか?

SNSで、テックアカデミーを受講してフリーランスを目指している人とコミュニケーションを取り合ったり、情報交換をする ようにしています。学習中もそうですが、一人だとやはり心細く感じることが多いです。SNSを活用することで自分と同じ目標や夢がある人が何をしているのか知ることもできますし、苦しいのは自分だけじゃないということがわかるのでモチベーションの維持に繋がります。ちなみに、受講生インタビューでご紹介されている舘山さんもSNS上で知り合い、たまにオンラインで会話もしています。(笑)

スクリーンショット_2022-05-17_21.22.37.png
小坂さんのTwitter(ご本人の許可をいただき掲載しています)

――なんとそうなのですね!同じ夢を持った受講生の間でコミュニティができていることを知り嬉しく思います。今後フリーランスとして活動するにあたってどのような働き方をしたいと考えていらっしゃいますか?

依頼主の個人の方や企業さんと長くお付き合いできるような関係を目指したい と思っています。フリーランスになり、所属していた会社の看板がなくなったことで、信頼の構築がいかに重要なのかを実感しました。最近はフリーランスのWebデザイナーとして活躍される方がかなり増えているので、自分の個性を出しつつ、それを理解してくれる方と一緒に仕事をしたいと思っています。

――最後に、フリーランスを目指している方や何かスキルを身につけて新しい仕事に挑戦したいと考えている方へメッセージをお願いします。

一番お伝えしたいことは、スクールに通って学習を開始してから約1年でフリーランスになることができたということです。
自分と同じように働き方に悩みを抱えている人や、仕事の獲得などの面で苦しい思いをした人の少しでも役に立てるよう、自分の経験や日々の発見などをSNSに自ら情報発信しています。自分の発信から、世の中の人が少しでも新しい働き方に挑戦してみようと思うことができたり、フリーランスに感じている心理的なハードルが下がると良いなと思います。