Java研修がおすすめの企業10選!選ぶ際のポイントも解説

Javaは研修を導入する企業が多い人気のプログラミング言語です。「Java研修がおすすめの企業は?」「Java研修を選ぶポイントは?」とお考えの方に向けて、本記事ではJava研修の概要や外部委託する理由、おすすめの10企業を紹介します。

TechAcademy HRマガジンは、TechAcademyが運営するIT業界で働く人事向けのWebメディアです。人材採用支援のTechAcademyキャリアやオンラインで学べるIT・プログラミング研修も提供しています。

Javaは需要が高い人気のプログラミング言語です。自社の社員に学ばせたい考える企業の中には、「Java研修を取り入れたいけれど、おすすめの企業はどこだろう」「どうやって委託する企業を選ぼう」とお悩みの方もいるのではないでしょうか。

本記事では、Java研修におすすめの企業10選と企業を選ぶ際のポイントを紹介します。Java研修の概要や外部委託する理由が分かれば、社員のスキルアップに役立つでしょう。

 

目次

 

Java研修とは?

キーボードとJAVAのロゴ

Java研修は、研修受講者のJavaスキルを向上させるための研修です。近年、新入社員に対してJavaスキルの取得や向上を目的としたJava研修を実施する企業が増えています。ここでは、Java研修の概要について見てみましょう。

Javaはプログラミング言語のひとつ

Javaは環境を選ばない汎用性の高さと信頼性を持つプログラミング言語です。処理速度はトップクラスで、大規模なシステムやWebアプリケーションでよく使用されます。

Javaが必要とされる理由のひとつは、実行環境に依存しないため、Web開発やサーバー上で動作するプログラムの開発に優れていることです。保守性にも優れており、技術面でも安定性があります。汎用性の高いJavaは2023年1月時点の調査によるとPython、C言語、C++に次ぐ人気のプログラミング言語となっています。

研修内容

Java研修の主な内容は以下の通りです。

  1. Javaの基礎
  2. コーディングするためのプログラミング技術
  3. フレームワークを活用したテスト方法
  4. アプリケーションやWebアプリケーションを効率良く開発する方法

Javaは習得して損のないプログラミング言語です。新入社員がJavaを習得すれば、業務の効率化や生産性の向上につながるでしょう。

受講形式は4つ

Java研修の主な受講形式は通学、講師派遣型、オンライン、そしてe-ラーニングの4つです。なおかつ通学やオンラインの形式にも複数人で受講する集合タイプと、1対1で研修を受けるマンツーマンタイプがあります。

近年、プログラミング研修を含む多くの研修がオンラインやe-ラーニングで受講できます。好きな時間に好きなだけ学習できる点はメリットですが、インターネット環境が必須です。

集合タイプの場合、スケジュール調整が難しく、質問がしにくいといったデメリットがあります。受講形式を選ぶ際は、「受講者が学習しやすい環境か」「最も効率良く研修できるのはどちらか」といった点を考慮する必要があるでしょう。

Java研修には法人向け・個人向けがある

Java研修には法人向けと個人向けの2種類があります。個人向けの場合、研修サービスに申し込むのは受講者本人です。一方、法人向けは人事担当者が申し込みます。

法人向けの場合、企業が進捗管理をするため、フォローやバックアップがしやすい点がメリットです。また、助成金制度も利用できます。自社の業務の効率化や生産性向上を目的とするのであれば、法人向けのJava研修がおすすめです。

Java研修で助成制度が適用される条件

Java研修で「人材開発支援助成金」が適用されるには、まずは法人向けの研修であることが条件です。「人材開発支援助成金」には特定訓練コース、一般訓練コースなど複数のコースが用意されており、助成金制度適用のそのほかの条件は各コースで異なります。
ここでは、特定訓練コースと一般訓練コースの基本要件をご紹介します。

特定訓練コース 若年人材育成訓練の基本要件
※訓練開始日の時点で、雇用契約締結後5年を経過していない、かつ35歳未満の若年
労働者に対するコース

  • OFF-JTにより実施される訓練であること(事業内訓練または事業外訓練)
  • 実訓練時間数が10時間以上であること

一般訓練コースの基本要件

  • OFF-JTにより実施される訓練であること(事業内訓練または事業外訓練)
  • 実訓練時間数が20時間以上であること
  • 雇用する被保険者に対して定期的なキャリアコンサルティングを実施すること
    について、労働協約、就業規則又は事業内職業能力開発計画で定めていること

また「訓練開始日が属する会計年度の前年度の生産性とその3年度後の会計年度の生産性を比べて6%以上伸びていること」という要件を満たすことができれば、助成額の割増受給の対象になります。

Java研修を受けたことで生産性が高まったと証明できれば増額の支援を受けられるため、成果を出せるような研修内容を検討しましょう。

 

Java研修を外部委託する企業が多い理由は?

手の上にクエスチョンマークが浮かんだ人物

自社の社員にJavaを習得させる際、多くの企業が研修を外部委託します。その理由が分かれば、自社に最適なJava研修を実施する企業が選べるでしょう。ここでは、Java研修を外部委託する企業が多い理由について解説します。

Java研修に特化した講師を選べる

Javaは習得難易度が高いプログラミング言語です。社内で講師と募るよりも、Java研修に特化した講師を選んだほうが効率良く習得できます。

Java研修を実施するスクールや企業は、初心者から上級者まで対応できるオリジナルテキストやノウハウを持っています。サポート制度や進捗管理ができる研修もあり、企業の負担が減る点も魅力です。

社員の負担を減らせる

Java研修に限りませんが、研修には事前準備が必要です。場所の確保だけでなく、社内でJavaに関する知識やスキルを持った社員を集めなければなりません。また、研修の間、普段の業務を圧迫する恐れもあります。外部に委託すれば、社員の負担を減らせる点がメリットです。

助成金の対象になる

Java研修は人材開発支援助成金の対象です。訓練対象者は「申請事業主または申請事業主団体等の構成事業主における被保険者」で、以下の要件を満たす必要があります。

  • OFF-JTにより実施される訓練であること
  • 実訓練時間数が10時間以上であること
  • 労働者に既定の訓練を受けさせること

Java研修を実施する企業では、要件にある既定の訓練を受講できます。助成金を受けたいときは研修企業に確認すると確実です。

 

Java研修がおすすめの企業10選

プログラミングをする女性の手

Java研修が受講できる企業は数多くあります。それぞれ研修のスタイルやコースの種類、料金が異なるため、自社に合った研修を実施する企業を選びましょう。ここでは、Java研修でおすすめの企業を10選紹介します。

TechAcademy(テックアカデミー)

TechAcademy(テックアカデミー)は、日本e-Learning大賞プログラミング教育特別部門賞を受賞したオンラインスクールです。

技術スキルだけでなく「主体的に考える力」「質問力」を大事にしており、あえて答えを教えずに自分で調べて解決する学習方針で「自走できるエンジニア」の育成を目指します。研修の進捗確認・振り返りが可能なレポート機能も用意しています。

企業名 TechAcademy(テックアカデミー)
スタイル オンライン
コース/料金(税込) Javaコース

  • 4週間プラン:22万9,900円〜
特徴
  • 「自走できるエンジニア」へと成長するアクティブラーニングを採用
  • アウトプット主体で、実践を意識したカリキュラム
  • 未経験者の挫折を防ぐマンツーマンでのサポート
  • 研修の進捗確認・振り返りが可能なレポート機能をご用意
  • 研修日程に合わせて学習期間を調整でき、1名様から申し込み可能
  • これまで900社以上、30,000名を超える指導実績
公式サイト https://techacademy.jp/biz/training/courses/java-servlet

SAMURAI ENGINEER Biz

SAMURAI ENGINEER BizのJava研修は、初心者からアプリ開発・資格取得まで幅広く対応します。研修の前にヒアリングを行い、受講者のスキルに合ったメンターを割り当ててくれるため、サポート体制も万全です。

累計受講実績3万5,000件を超える「SAMURAI」が運営しており、受講者のレベルに合わせて完全オーダーメイドで組み立てたJava研修ができます。不明点がすぐに解決できるマンツーマン指導も魅力と言えるでしょう。

企業名 SAMURAI ENGINEER Biz
スタイル オンライン
コース/料金(税込)
  • 12週間~:27万9,000円~
特徴
  • 累計受講実績3万5,000件以上
  • 完全オーダーメイド研修
  • 事前のヒアリングでメンター割り当て
  • チャットサポート対応
公式サイト https://www.sejuku.net/biz/

KENスクール

KENスクールは「通学」「公開型」「講師派遣型」「e-ラーニング」とさまざまなスタイルで学べる法人研修サービスです。30年を超える歴史と5万人以上の卒業生、新入社員研修リピート率95%と、信頼と実績が魅力の企業と言えるでしょう。

新人社員向けのJava研修を実施しており、北海道から九州まで会場があります。また、派遣研修もOKです。

企業名 KENスクール
スタイル
  • e-ラーニング
  • 通学
  • 公開型
  • 講師派遣型
コース/料金(税込)
  • 新入社員(エンジニア)向けJava開発総合講座(期間:3か月):70万4,000円
  • 2023年度新入社員向けJava開発総合講座【横浜/2.5か月版】:70万4,000円
  • 2023年度新入社員向けJava開発総合講座【横浜/3か月版】:88万円
  • 2023年度新入社員向けJava開発総合講座【大阪版】:53万9,000円
  • 2023年度新入社員向けJava開発総合講座【名古屋版】:53万9,000円
  • 2023年度新入社員向けJava開発総合講座【札幌版】:60万5,000 円
  • 2023年度新入社員向けJava開発総合講座【福岡版】:53万9,000円
  • Javaベーシック講座:通学13万6,400円、一社向け12万4,000円
特徴
  • 研修半年後にフォローアップ研修有
  • 研修開始前よりe-ラーニングをオプション提供
  • 助成金申請サポート有
  • 返金保証有
公式サイト https://education.kenschool.jp/

Reskill(リスキルテクノロジー)

Reskill(リスキルテクノロジー)はIT研修専門の教育機関で、新入社員から現役プログラマーまで学べる幅広い研修コースが魅力です。

座学+実践で研修を進めるため、学んだ内容が定着しやすく、研修翌日から応用できます。すぐに業務に生かして活躍できる内容で、社員のスキルを短期間で実践レベルまで引き上げたいと考える企業におすすめです。1名から参加できます。

企業名 Reskill(リスキルテクノロジー)
スタイル
  • オンライン
  • e-ラーニング
  • 集団
コース/料金(税込) 公式サイトから問い合わせ
特徴
  • 無料研修管理システム
  • 研修に必要なものはリスキルが準備
  • 600種類以上の研修有り
  • 初歩的な知識から明日使える実践的な知識・技術まで学べる
  • 受講者に合ったスタイルで研修できる
  • 返金保証制度有り
公式サイト https://tech.reskill.jp/

トレノケート

トレノケートは人材育成を26年専門として行う老舗で「1社カスタマイズ」「複数の会社合同」「定期開催」の3つから研修スタイルを選べる点が魅力です。

数々のITベンチャーアワードを受賞した実績を持ち、Java研修では複数のフローを経てJavaに対する理解を深めます。細かく分類されたフローをこなすことで、Javaへの理解度や学習定着率を高めます。新入社員にしっかりと知識を定着させたいと考える企業におすすめです。

企業名 トレノケート
スタイル
  • 通学
  • オンライン
  • e-ラーニング
コース/料金(税込) Java開発エンジニア

※料金は公式サイトから問い合わせ

特徴
  • 世界的なトレーニングアワードを65回以上受賞
  • 3つの研修スタイルから選べる
  • 会場は駅から徒歩5分圏内で立地が良い
公式サイト https://www.trainocate.co.jp/

CodeCamp(コードキャンプ)

コードキャンプは、オンラインのプログラミングWebデザイン学習サービスです。導入した企業は300社以上、受講者は5万人を超えており、満足度は97.4%を記録するなど、高い評価を受けた信頼と実績が魅力です。

研修はZoomやMicrosoft Teamsといった自社で使い慣れたツールを利用して進めます。学習理解度や定着率を高めるマンツーマン指導で、受講前のスキルチェックにより受講者のレベルに合った研修ができます。

フィードバックや進捗をオンライン上で一括管理するため、企業も社員の進捗が確認できて安心です。

企業名 CodeCamp(コードキャンプ)
スタイル オンライン
コース/料金(税込) Javaマスターコース:19万8,000円~36万3,000円
特徴
  • 受講前スキルチェック
  • フィードバックや進捗管理
  • 30種類以上の教材有り
  • 7時から23時40分まで年中無休で研修OK
  • 学習スタイルに合わせて講師が選べる
  • 返金保証なし
公式サイト https://codecamp.jp/business

カサレアル

カサレアルは、Javaを含むプログラミング言語やHTML5、PHP及びオープンソースを利用したアプリケーションの開発、IT研修を行う企業です。

Java初心者入門も開講しており、自社の目的に沿った幅広い研修ができます。短期集中で高いレベルの知識やスキルを習得できる研修もあるため、初心者はもちろん、自分の実力を試したい受講者にもおすすめです。

企業名 カサレアル
スタイル
  • オンライン
  • 会場
コース/料金(税込)
  • Javaプログラミング入門:8万8,000円
  • [オンライン開催]Javaプログラミング入門:8万8,000円
  • Javaプログラミング基礎:13万2,000円
  • [オンライン開催]Javaプログラミング基礎
  • Javaプログラミング作法:13万2,000円
  • [オンライン開催]Javaプログラミング作法:9万9,000円
  • Java基本セット:22万円
特徴
  • Java研修が豊富
  • 短期集中でJavaの知識やスキルを習得
  • Java基本セットは最大20%OFF
公式サイト https://www.casareal.co.jp/

JOB SUPPORT(ジョブサポート)

企業名 JOB SUPPORT(ジョブサポート)
スタイル
  • オンライン
  • 通学
  • e-ラーニング
コース/料金(税込)
  • Java入門5日/基礎10日通学講座:Java入門講座9万5,000円/Java基礎講座15万円
  • フロントエンド入門5日(HTML5・CSS・JavaScript)通学講座:9万5,000円
  • 通年開講プロエンジニア育成コース(Java研修1か月~3か月):1か月/19万8,000円、2か月/38万5,000円、3か月/55万円
特徴
  • エンジニア研修受講者の満足度約95%(※直近 3 年間での受講者アンケート)
  • 短期間でJavaの知識やスキルを習得
  • 助成金サポート有り
公式サイト https://job-support.ne.jp/blog

insource(インソース)

インソースは、100種類以上のカリキュラムがある社会人教育とコンサルティングを行う企業です。Java関連のオープン研修が40以上と豊富で、プログラミング言語初心者から深く学びたい方まで幅広く学べます。

毎日実施するテストで学習の定着率を可視化できる点やIT関連資格の取得をサポートしてくれる点も魅力です。

企業名 insource(インソース)
スタイル
  • オンライン
  • 会場
  • e-ラーニング
コース/料金(税込) 公式サイトから問い合わせ
特徴
  • WEBinsource(動画・e-ラーニング教材・研修見学チケット・メンタルヘルスケアなど)
  • 研修リクエストサービス(インソースの公開講座を追加開催)
  • 100種類以上のカリキュラム
  • 法人プランはお得が多い
  • プログラミング初心者向け研修が多い
  • 返金保証制度有り
公式サイト https://www.insource.co.jp/bup/bup_middle_for_se_programming.html

NECマネジメントパートナー

NECマネジメントパートナーは、Java初心者から本格的に学びたい方まで幅広い研修を実施する企業です。Javaの知識とスキルを習得しながら企業で働く上で大切なビジネススキルも学べるため、新入社員に特化した研修が受講できます。

受講者のレベルに合わせたカスタムが可能で、企業や受講者が身につけたい知識やスキルを習得しやすい点も特徴です。

企業名 NECマネジメントパートナー
スタイル
  • 遠隔ライブ配信
  • e-ラーニング
コース/料金(税込)
  • Javaプログラミング入門;7万400円
  • Javaプログラミング基礎1:12万2,100円
  • Javaプログラミング基礎2+Eclipse(開発効率の向上):12万2,100円
  • Javaによるデータベースアクセス:4万1,800円
  • JavaによるWebアプリケーション開発1(サーブレット・JSP):12万8,700円
  • Javaプログラミング基本文法(eトレーニングA):1万1,000円
  • Javaプログラミングオブジェクト指向-1(eトレーニングA):1万1,000円
  • Javaプログラミングオブジェクト指向-2(eトレーニングA):1万1,000円
  • JavaプログラミングDBアクセス(eトレーニングA):1万1,000円
  • JavaプログラミングWebアプリケーション(eトレーニングA):1万1,000円
特徴
  • Java初心者から本格的に学びたい方までOK
  • 遠隔ライブ配信でどこでも研修が受けられる
  • 受講者のレベルに合わせて研修がカスタムできる
公式サイト https://www.neclearning.jp/

 

Java研修企業を選ぶ際のポイント

黒板に書かれたポイントマークとチョークを持つ手

Java研修を実施する企業であれば、どこでもJavaを学べます。自社の社員の研修先を選ぶときは、いくつかのポイントを考慮して選ぶとよいでしょう。ここでは、Java研修企業を選ぶ際にチェックしたいポイントを5つ紹介します。

自社に合った研修形式はあるか

オンラインや通学、講師派遣型など、研修形式は複数あります。どのスタイルが最も自社に合っているかチェックしましょう。

例えば、通学スタイルは講師と直接顔を合わせて学べる点が魅力です。ただし、研修期間が長期間にわたる場合、毎回会場に集合するのはスケジュール調整が難しいときもあります。通学とオンラインを併用するJava研修であれば、状況に合わせて学び方をチェンジできるのがメリットです。

フォローサポート制度は充実しているか

Java研修で習得した知識やスキルを自社の業務で生かすためには、受講者が内容を理解できないまま研修が進むのは避けたい事態です。研修後のフィードバックや質問体制など、受講者一人ひとりがしっかりと研修内容を理解できるフォローサポート制度を備えているかをチェックしましょう。

受講者に合ったレベルの研修は充実しているか

Java研修を受ける受講者全員が同じレベルの知識やスキルを持っているとは限りません。事前にスキルチェックを行い、それぞれに合ったレベルの研修を選べば、効率良く学べます。

Java研修を取り扱うスクールや企業は豊富にあるため、Java初心者から中級者、上級者まで、レベルに応じた研修が充実しているか確認しましょう。

助成金制度の有無

助成金制度が適用されるJava研修を利用すれば、研修に必要な費用を削減できます。人材の育成に力を入れて幅広い研修を実施することでスキルの習得を目指せるでしょう。

特に新入社員の場合、Java研修以外にも、これから活躍する上で受けてもらいたい研修は豊富にあります。人材の成長を促進し、企業が躍進するためにも、助成金制度を有効活用しましょう。

講師の質

研修を担当する講師の中には「一方的に話すだけ」「質問を聞かずに研修を終了させる」といった質が良いとは言えない講師もいます。

Java研修を選ぶ際は、受講者と同じ目線で語り、サポートする精神を持った講師がいるかチェックするとよいでしょう。Javaに関する実務経験や研修の指導歴が豊富な講師であれば、効果の高い研修が期待できます。

 

まとめ

ノートパソコンを持ってガッツポーズをする女性

Javaは需要が高い人気のプログラミング言語です。自社の社員が知識やスキルを習得し、Javaを使いこなせば、業務の効率化につながるでしょう。

Java研修は外部委託すると、さまざまなメリットが享受できます。多くの企業がJava研修を取り扱っているため、研修形式や講座の豊富さ、助成金制度の有無といった点を考慮して、自社に合った企業を導入しましょう。

(Visited 592 times, 26 visits today)