Java研修についていけないと考える6個の理由と解決方法を徹底解説

Javaは人気のプログラミング言語です。しかし、プログラミング言語に慣れていない方は「Java研修についていけない」と苦手意識を感じる場合もあるでしょう。本記事では、Java研修についていけないと考える6個の理由と解決方法を紹介します。

TechAcademy HRマガジンは、TechAcademyが運営するIT業界で働く人事向けのWebメディアです。人材採用支援のTechAcademyキャリアやオンラインで学べるIT・プログラミング研修も提供しています。

Javaは需要が高い人気のプログラミング言語です。一方、習得難易度が高いとも言われており、企業でJava研修を実施しても「ついていけない」「全く理解できない」「自分にはIT系のセンスがない」と悩む方もいらっしゃるかもしれません。

今回は、Java研修についていけないと考える6つの理由と解決方法を徹底解説します。成功させる秘訣が分かれば、効果的な研修を実現できるでしょう。

 

目次

 

Java研修についていけない理由

頭の上に浮かぶクエスチョンマークとスーツの女性

社員がJava研修についていけないと感じる理由はさまざまです。効果的な研修にする解決策を考えるために、まずは理由を明確にしましょう。ここでは、Java研修についていけないと感じた理由を6つ紹介します。

研修内容が受講者のレベルに合っていない

Javaは習得難易度が高いプログラミング言語です。そのため、初めてJavaに触れる方や関心がない方は、研修内容が難しいと感じるケースがあります。全ての新入社員が同じレベルではありません。受講者それぞれのレベルに合った研修内容を設定しないと、ついていけずに挫折するでしょう。

研修内容に対して質問する機会がない

研修内容に対して疑問や不明な点があるとき、質問する機会がないと、受講者は分からないまま研修を受けなければなりません。質問内容が重要なポイントだった場合、Javaを理解できないため、結果的に離脱する可能性が高まるでしょう。

文系出身でIT系は苦手

最近は「文系でも働ける」といったIT系の求人もあり、新しい業界にチャレンジする方もいるでしょう。しかし、文系出身でITに触れる機会がなかった方は、初心者向けのJava研修でも「難しい」と感じるかもしれません。

文系出身でもIT業界で活躍する方は数多く存在します。苦手意識を感じさせずに、進んで学びたくなるような研修内容や講師の存在が必要です。研修中のサポート体制が整っていないと受講者が「自分は何が分からないのか分からない」という状況に陥ってしまうかもしれません。研修を積極的に取り組もうとしている受講者でさえも消極的になってしまったり、研修から離脱してしまうことも考えられます。

研修のスケジュールが適切ではない

Java研修の内容に適した期間を設定しないと、内容の理解が不足したりモチベーションが下がる原因になります。また、企業や講師が妥当だと判断した場合でも、受講者によって「もう少し長く研修を受けたい」「理解したから次の段階に行きたい」と感じるケースもあるでしょう。

課題が多く、モチベーション維持が難しい

Javaを含むIT系の研修は、課題が多いのが特徴です。課題は1人で黙々と取り組む必要があり、精神的な負担を感じやすくなります。特に、自ら進んで研修を受けているわけではない場合、離脱率が上昇する原因となるでしょう。モチベーションを維持する対策を考える必要があります。

受講者同士の交流が少ない

Java研修は1人で課題をこなすシーンが多く、受講者同士の交流が少ないのが特徴です。昨今はオンライン化やe-ラーニング化が進んでいるため、さらに拍車がかかっています。

他の受講者の進捗や達成度が見えないと、ITに苦手意識を持っている方は「自分はしっかり理解できているだろうか」と不安になりかねません。そのような不安がモチベーションの低下を招き、離脱につながる恐れがあります。

 

Javaを含むIT系はセンスがないとダメって本当?

頭を抱えて驚いている白いTシャツを着た男性

Java研修についていけない受講生の中には、「自分にはプログラムセンスがないのでは?」と悩む方もいます。特に、IT業界未経験で入社した文系出身の方は、周りと比べてセンスがないと感じる方も少なくありません。ここでは、自身にはセンスがないと感じている受講生へのフォローについてお答えします。

IT系にセンスは必要ない

Javaを含むIT系の研修についていけないのは、センスの問題ではありません。ITに関する知識やスキルを学び始めたばかりの方は「慣れていない」という理由が大きいと考えられます。

研修についていくためにやるべきことは「センスがない」と諦めることではなく、講師に質問して疑問を解決したり、インターネットや本を読んだりして知識を増やすことです。

研修についていけないのは、受講生だけが問題ではない可能性もある

Java研修についていけないのは、研修自体に問題があるケースも考えられます。例えば、研修内容がレベルに合っていない場合、受講者に適したカリキュラムを組めば解決するでしょう。研修期間が適切ではない場合も同様です。

自分自身に問題がなければ、そのまま研修を続けても成果が得られないかもしれません。まずは、ついていけない原因を洗い出してみましょう。

もう無理……と感じてしまう前に、講師や上司へ相談できる環境を整えましょう

いろいろな策を講じてもJava研修についていけないと感じた場合、諦めたり悩んだりする前に講師や上司、同僚に相談しましょう。多方面から意見を聞くと、意外な解決策が見つかるかもしれません。

また、研修を離脱する社員を少しでも減らすために、企業はメンター制度のようなメンタルヘルスケアを導入し、受講者の心に寄り添う努力が必要です。

 

Java研修を成功させるための秘訣

ガッツポーズをするスーツの男性

Java研修が成功すれば、社員の自信につながるのはもちろん、業務の効率化や生産性の向上が期待できます。多くの受講者がスキルアップできる研修を目指しましょう。ここでは、Java研修を成功させるための秘訣を6つ紹介します。

受講者それぞれに合ったレベルで研修を行う

Java研修を成功させるには、受講者それぞれのレベルに合った内容が大切です。受講前のスキルチェックやカスタマイズ研修で、「レベルが高くてついていけない」「簡単すぎて張り合いがない」といった悩みを解消しましょう。外部委託する場合、豊富なコースから選べる企業がおすすめです。

研修後もフォローできる体制を整えておく

Javaは習得難易度が高いため、研修終了後も受講者の知識やスキルがしっかりと定着するまでフォローが必要です。質問制度やフォローアップ研修といった万全のフォロー体制を整えましょう。

定期的なアンケートやインタビューで「どのような点が分かりにくかったか」「改善すべき点はどこか」といった研修効果を測定すれば、今後の研修に生かせます。

メンター制度など精神的なフォロー体制を整えておく

Java研修は1人で課題に取り組む場面が多いため、受講者を精神的にフォローするメンター制度のような体制を整えることが大切です。特に、研修内容が理解できずに悩んでいる受講者には、定期的に声を掛けて、研修を最後まで受講できるようにサポートしましょう。

受講者同士の交流を増やしてお互いの進捗を報告し、相談やアドバイスができるような環境を整えるのもおすすめです。

研修内容に適した期間を設定する

研修内容に適した期間を設定することは、受講者の離脱を防ぎ、知識やスキルをしっかりと定着させるために重要です。受講者のレベルや習得してほしいスキルを精査し、企業の人事担当と講師が密にコミュニケーションを取りながら、最適な研修期間を設定しましょう。

また、さらに長い研修期間が必要となる受講者がいるケースを考えて、個別でフォローできる体制を整える必要があります。

OJT研修を取り入れる

OJT研修のような実践的な内容を組み込むことで、受講者のモチベーション維持や実践的なスキル取得を促進できるでしょう。Javaを含むIT研修は1人で取り組む課題が多いため、受講者同士で交流しながらいつもと違う場所で研修すれば、気分転換になります。座学や演習を繰り返すだけでなく、OJT研修の導入も検討しましょう。

講師選びも重要

Java研修は講師選びも重要です。指導実績や研修実施歴を確認し、経験豊富な講師を選びましょう。質の高い講師による研修を受ければ、効率良くJavaが学べます。また、実際に講師を依頼した企業の評価や受講した社員の声を参考にするのもおすすめです。

 

まとめ

スーツ姿の男女とパソコン

Java研修についていけない理由として、「研修内容が受講者のレベルに合っていない」「質問する機会がない」「スケジュールが適切ではない」といったことが考えられます。研修を成功させて、企業や社員の成長を促すには、これらの問題を解決することが大切です。

新入社員の研修離脱を防ぐためにも、企業は問題点と解決策を明確にし、研修制度を再度見直しましょう。

 

(Visited 526 times, 40 visits today)