BLOG

TechAcademyオンラインブートキャンプの公式ブログ

自分が欲しいと思うものを作った!プログラミング初心者が3週間で作った語学学習サービスとは

Original

オンラインブートキャンプを受講された安部健太郎さんにお話を伺いました。語学学習が趣味だという安部さん。ネィティブに正しい発音を録音してもらい、自分の発音との比較を行えるサービスを開発されました。

プロフィール:安部健太郎
1989年生まれ。東京都在住の大学院生。Webアプリケーションコース(Ruby on Rails)を8週間受講し、Webサービス「I’m-native(アイムネイティブ)」を開発。

プログラミング未経験からのスタート

――大学院では何を勉強されてるんですか?

大学院ではコンピューターとまったく関係のない半導体の研究をやっています。なので、プログラミングは大学の専門とはまったく関係ないですね。
授業ではちょっとJavaをやったんですが、その時はまったく興味が無かったので、もう何にも覚えてないしそこまで真面目にやっていませんでした。

――今回Webアプリケーションコースを受講したきっかけは何ですか?

他の言語と迷ってRuby on Railsにしたという経緯ではないですが、「Webアプリが簡単に作れるフレームワークらしい」と聞いたことがあり、受講しましたね。
あとカリキュラムの「受講したら2ヶ月でオリジナルサービスがつくれる」という宣伝文句があったので。

5年前から自分が欲しいと思っていた

――実際に作ったサービスについて教えてください。

I’m-native(アイムネイティブ)という、勉強したい外国語の例文を文章で入力するとネイティブの方が録音してくれるサービスです。録音してもらうだけでなく、相手が日本語を勉強していればこちらが録音してあげるという双方学習型のサイトですね。
さらにそのネイティブが録音してくれた音声と自分の音声を簡単に比較できるようなシステムも作りました。

f6bf7bb6619f88ebca0a6e80bfa43743.png

――なぜこのサービスを作ろうと思ったのですか?

僕は語学学習というのは勉強の方法さえ守ってやれば誰でも簡単に上達するものだと思っています。でも、その「正しい方法」で勉強する事がすごく難しいので、ツールで解決できるのではないかと考えました。

5年ぐらい前から「こういうのあったらいいな」っていうのを感じていたんですが、その時は自分が作るという発想はなかったので、色々なサービスを試したり、iPhoneの有料アプリをダウンロードして試してみたりしましたが、それでも自分のなかでしっくり来るものがなかったんです。
そこで、このカリキュラムを2ヶ月間受けているなかで、作ってみることにしました。

――実際にそのサービスを作る時に学んだことや苦労したことはありますか?

僕のサービスは音声を使ったサービスなんですが、「録音」と「再生」がカリキュラムに含まれていませんでした。そこでメンターの方からは「JavaScriptを使えば出来る」と言われたので、まずはJavaScriptの勉強と「録音」のシステムの作成から始めました。

僕はJavaScriptを使ったことが無く、全くアイデアが無かったので、メンターの方にGitHubの使い方などを教えてもらいました。どうしたら自分が使いたいものが見つかるかを教えてもらい、Github内で検索し、片っ端からダウンロードして実際に試しながら開発していきました。
そこがかなり時間かかりましたね。

――実際どれくらい時間がかかったんですか?

録音の機能が出来るようになるだけで1週間くらい、サービス全体では3週間くらいですね。

――今後このサービスはこうしていきたいなどありますか?

将来的には、録音したところに「いいね!」機能や英語も国によって種類が違うので国ごとに絞り込める機能など加えたいと思っています。また、有名人の方に録音してもらえるよう依頼したいと考えています。

スクリーンショット_2016-03-01_12.00.30.png

世の中に無いのであれば自分で作ろうと思えた

――オンラインブートキャンプで勉強を始めていかがでしたか?

わからない事をすぐに聞けるというのが大きいですね。
独学でやっていると誰にも聞く人がいないので自分の中で何時間も何時間も悩んでしまうんですが、チャットで質問するとすぐに回答が返ってきてすぐ次のステップにいけるので、やはり学習のスピードが全然違いましたね。

あと実際に2ヶ月間学習してみて、欲しいものを探すのではなくて、自分で作りたいと思えるようになったことも変化として感じますね。

――今後身につけたいプログラミングの知識はありますか?

もっとJavaScriptの勉強をしたいのと、デザイン面のスキルも伸ばしていきたいです。

――最後にこれからプログラミングを学ぼうと思っている人にアドバイスをお願いします。

独学でやろうとすると挫折してしまうことが多いと思うので、誰かに聞ける環境があるのは大事です。一人ではどうやって進めたらいいか分からないことも、出来る人に聞けば学習の道筋も立てられるので身近にそういう人を置くことが大事だと思います。

(インタビュアー:小嶋大貴)

外資系勤務ならではのアイデア!Airbnbを参考に開発したWebサービスとは

Original

オンラインブートキャンプを受講された岩崎裕介さんにお話を伺いました。外資系企業に勤めている岩崎さん。世界各地にオフィスを持つ国際企業向けの社内BnBサービスを開発されました。

プロフィール:岩崎裕介
現在47歳。東京都在住。Webアプリケーションコース(Ruby on Rails)を8週間受講し、「Ourbnb」というWebサービスを開発。

——今はどんなお仕事をされているのでしょうか?
ソフトウェアの会社でプロジェクトマネージャーをしています。元々ソフトウェア開発に非常に興味があり、縁に恵まれてこの仕事をさせて頂いてます。

——今回Webアプリケーションコースを受講したきっかけは何ですか?
仕事上、プログラミングもできたほうが良い事とプログラミング自体に非常に興味があったので、その両方の理由で受講しました。

——プログラミングに興味をもったきっかけはありますか?
元々、アップル製品が好きで、iPhoneの発売当初に「アプリを作る」という一種のブームがあり、そこで興味を持ったのが一番最初です。
また基本情報技術者試験を取ったときにJavaのプログラミングをやりました。
その時プログラミングを学ぶのが本当に初めてだったので非常に苦労はしたのですが、ソート等のアルゴリズムを学んだ時に「アルゴリズムを組み立ててコンピューターにタスクを実行させる」という事が面白く感じ、また実際にコードを書くことで物が動くという事にも面白みを感じましたね。

グローバルな会社だからこその発想

——今回作っていただいたサービスを教えていただけますか?
一言で言うとグローバルに世界各地にオフィスを構えている企業が社内の社員同士でAirbnbのように宿を提供しあうような仕組みを作ってはどうかと思い作成しました。サービス名は「Ourbnb」といいます。

——作られた背景やきっかけ等はありますか?
今、私自身が本社がアメリカのシアトルにある会社で働いており、シアトルに出張する機会が年に数回あります。
私は今も昔もバックパッカーでして、国内外を旅するときにホステルに泊まるのが好きだったんですが、会社だとどうしても中級や高級ホテルとなってしまってホテルに泊まること自体が、正直楽しくなかったんです。
それにホテル代が非常に高いので出張コスト的にも馬鹿にならないと思っていました。
そこで、社内の社員同士で自宅を民宿のように提供し合い、会社がホストやゲストに一種の出張手当を支給することによって、会社も経費の節減にもなりますし、社員には若干の臨時手当がもらえる上に社員同士の交流になって良いなと思ったのがきっかけでした。

——Airbnbは参考にされたんですか?
そうですね。まずはAirbnb事業を研究しました。
また、どのようなサイトマップになっているのか等を調べてワイヤーフレームをそれに基づいて作り、具体的なイメージを作成していきました。

Ourbnb_SS_Calendar.png

——サービスを作る上に苦労した点とかはありますか?
今回、Ruby on Railsを初めて学んで目からウロコのようなレベルですごく色々な事にびっくりしました。
これまで学んだプログラミングとはまったく違った物で非常に新鮮な驚きがありました。
今は一通り学んでみてRailsというものがWebサービスを非常に高速で作れるフレームワークだというのは理解していますが、最初はまずそれ自体が難しかったですね。

あとは、現時点で出来ているものは非常に基本的な動きしかまだ出来てないのですが、サイトを作る上で比較的シンプルなサイトであってもバリデーションなど多くのことを気をつけた上で作り込まなければならないとサービス全体を通して感じました。

——今後サービスの中で作りたい機能などはありますか?
あれば面白いと考えていることは「社内的なベネフィット(ギフトカードや社内で使えるポイント等)」があれば面白いと思っています。最終的には会社の経理のシステムと繋がると面白いとも思いますね。

8週間のオンラインブートキャンプを経て感じる変化

——Ruby on Railsをサービスが形になるまで二ヶ月間学習されて、学習される前と今とで意識や考えの変化などはありますか?
まず、Webサイトを見る目が付きますね。
Railsを使っているサイトの見分けが付くようになり、そこがまず面白い変化だと思いました。
あと抽象的な言い方になるかもしれませんが、一つのフレームワークを学ぶことで、自分の考え方に新たな「考え方の回路」が加わったように思います。
たとえばデータベースの連結であったり等、そういった所にプログラミング上の意識がフォーカスされるようになったというのは自分的には上流のアルゴリズムや物の作り方に集中できるという感じがしました。

——今後、勉強していきたい言語などありますか?
しばらくは、Railsを学習したいかなと感じます。
DemoDay後の懇親会の時に「今後はこれに専念する」とおっしゃっていた方がいたんですが、これまで色々な言語をかじっている形になってしまっていて、どれも集中してやってきたわけじゃないので、やはり何かに集中した方がいいと改めて感じて今回Ruby on Railsをやってみて非常に体質に合うと感じました。

——これまで色々な言語を学んできて、なぜ一つに絞ろうと思ったんですか?
今回、Ruby on Railsをやってみて、これをもうちょっと身につければアイデアを形にし易いと感じたからです。
たとえばPHPですと、やはり作りこみの部分の手数が増えたり、手作業でデザインを作りこまないといけないと思います。
そういう意味で言うとRuby on RailsはBootstrapも使いやすいですし、形にするのが非常にしやすいと感じたところです。

IMG_3280.jpg

黒い画面でカタカタするだけがプログラミングじゃない

——これからプログラミングを勉強したい方やサービスを作りたいという方に勉強方法やアドバイスをいただけますか?
やはりプログラミングを楽しむことその物が大事かなと思います。
例えば行き詰った時に問題が解決して動くようになった時の快感など、そういった事を楽しむことが大切だと思います。
プログラミングを学ぶきっかけは色々あると思うんですが、作りたいものを作る為にプログラミングをやるという方もいらっしゃるでしょうし。
ただ基本的にはプログラミング自体、そのものが楽しいと感じられるかどうかが大事だと思います。

——プログラミングの楽しみに行く着くまでに挫折する方が多いと思いますが、そういうときはどうすればいいでしょうか?
最近では子供向けのプログラミング学習サービスやおもちゃのようなガジェットで学ぶ機会が結構あると思うんですけれど、大人もそういったものから入ってのもいいのではないでしょうか。
やっぱりプログラミングを学ぼうとするとPCの画面でコーディングをするという所から入った人が多いと思うんですが、それで目的意識が持てるといいんですけれど、そうでない人であれば「そもそもプログラミングとはどういう物なのか」というのを「モノ」で使って理解するのもいいのではないかと思います。

(インタビュアー:小嶋大貴)

TechAcademyを運営するキラメックス株式会社がユナイテッド株式会社の100%子会社になりました

Original

TechAcademyを受講されている皆さん、今後の受講を検討している皆さんへのご案内です。

TechAcademyを運営するキラメックス株式会社ですが、2016年2月3日、マザーズ上場企業であるユナイテッド株式会社の100%子会社となることを決定しました。

ユナイテッド株式会社はスマートフォンアプリ事業とアドテク事業を注力事業として展開しながら、その他にもPCのメディア事業や広告代理事業等、インターネットの領域で幅広く事業を行っている企業です。

2015年6月から開催しているオンラインブートキャンプの受講数が急拡大していること、受講生から高評価をいただいていることから両社で統合について合意しました。

キラメックス株式会社は100%子会社となりますが、TechAcademyおよびオンラインブートキャンプは今までと変わらずサービスを提供してまいります。そのため、受講方法や運営体制などに変更はありません。

今後は、上場企業であるユナイテッド株式会社と統合することにより、今まで以上に質の高いプログラミング教育を届けてまいります。

具体的には、カリキュラム教材の拡充・改善、学習システムの品質向上などを進めていく予定です。
今後ともTechAcademyをよろしくお願いします。

プロトタイプですぐ仮説検証できることに価値がある!スタートアップ起業家がプログラミングを学んだ理由

Original

オンラインブートキャンプを受講された鈴木勝之さんにお話を伺いました。スタートアップ企業を経営する中で、プログラミングを学んで、スピード感をもって自社サービス開発をしたいという想いからオンラインブートキャンプを受講されました。

プロフィール:鈴木 勝之
1977年生まれ。東京都在住。2012年に一般企業を退職し、株式会社ビーズの立ち上げに携わる。その後、株式会社Mealthyを設立し現在に至る。自社サービス「Mealthy」のスピンオフ版をオリジナルサービスとして開発した。

自分でもサービスを開発したくてプログラミングの勉強を開始

――スタートアップ企業を経営されているとのことですが、どんなサービスを運営されているのでしょうか?

Mealthy」という外食・コンビニでダイエットができるアプリを提供しています。外食やコンビニ、テイクアウトのメニューのうち、低カロリーでヘルシーなダイエットメニューを、簡単に検索することができるアプリです。

――アプリの開発はエンジニアの方がやっているのでしょうか?

そうですね。アプリの改修する方向性だけは自分が決める感じです。会社のリソースをどのように配分し、どういうスケジュール感でどの機能を足していくかなどを決めています。あとはベンチャーキャピタリストとの話を通して、「こういう機能ないとダメだよね」とかフィードバックを受けて、改修したりしています。

――今まではエンジニアに依頼する立場であるに、どうしてプログラミングの勉強を始めようと思ったのでしょうか?

自分が新しい機能をテストしたいと思った時に、毎回エンジニアの工数を割くのが嫌だなと思ったのがきっかけです。仮説検証のためのテスト機能であれば自分でちょっとやれた方がいいかなという感覚がありました。あとはスタートアップなのに、プログラミングが全くできませんっていうのも劣等感みたいなものもありましたね。

――プログラミングを勉強されたことはあったのでしょうか?

WordPressでサイトを自分で作ったことがあるくらいですね。ただちゃんと理解しているのではなくて、WEBで調べてコピペでHTMLとCSSを少し変えるくらいでした。

自社アプリのテスト用としてサービスを開発

――オリジナルサービスでどういったものを作ったのか教えていただけますか。

Mealthyのスピンオフ版としてサービスの中で追加できてない機能を開発しました。具体的には、糖質ダイエット、グルテンフリーダイエット、ベジタリアンなど、ダイエット目的以外の軸で食事メニューを検索できる機能です。スマホのWebブラウザで表示できるサービスにしました。どんな機能があったらユーザーが喜ぶかを説明するときにこの方が便利なんですよね。

――テスト用だったんですね。

今のアプリに入っているデータは、言うなればカロリーや三大栄養素だけなんです。だけど、健康志向な人たちの中には低糖質とかグルテンフリーの人もいるので、そういうニーズがあるか聞ければいいなと思いました。

――どんな機能を使っているのでしょうか?

基本的にオンラインブートキャンプで学んだことの組み合わせですね。デザインもBootstrapですし。あとはTwitterクローンの機能も使っています。

――Twitterクローンはどこに使われているんですか。

「お気に入りに入れる」という機能をTwitterクローンのフォローの機能からとって使っています。メンターからアドバイスを受けて、それを使うことにしました。

――他にどんな機能があるのでしょうか?

項目ごとにソートできる機能です。例えば、カロリーが低い順番に並び替えたりすることができます。これもカリキュラムで作ったモノリスト(AmazonのAPIを使ったサービス)と同じやり方をしています。ただ、それだけだとスマホで綺麗に表示できないので、調べながら変えました。

――そこはご自身で工夫されたんですか?

そうですね。自分で調べてRubyで画像サイズを変える方法を見つけてうまくできました。

――サービスを拝見すると投稿の機能もありますね。

画像や口コミを投稿できる機能を付けました。あとはTwitterのように他の人にシェアすることもできて、タイムラインで見ると「Like」を付けることができます。

original.jpeg
オリジナルサービス「Mealthy-Spinoff」

いつまでも作りたいものを描いていないで作ってみたほうがいい

――サービスの開発を通して身についたと思うことはありますか?

身についたというか、「この作業はこれぐらい手間がかかるんだな」とか「意外とこれって早くできるんだな」などの感覚がわかるようになりました。
どうしても自分が経営者という立場なので「これ欲しいんだけれど」って言ったらやってくれるんですよ。ただそこに凄く負担がかかっているかもしれないと思えるようになりました。

――自分で作ったことで、裏側でどういう作業が行われているかわかったということですね。

そうですね。エンジニアとのコミュニケーションも、前よりはやりやすくなったと思います。例えば、レコメンドの機能を追加しようというときも、どういうデータを集めてどうレコメンドをするかという話をエンジニアから聞いても、理解できるようになってきました。

――これからもサービスを自分で作ってみようとか思いますか。

ざっくりとこんな感じの機能があると分かる程度のプロトタイプみたいなのを作っていきたいですね。画面遷移がわかるくらいのものを想定していますが。

――最後に、受講を検討している方へのメッセージをお願いします。

受けてみて、すごく良かったと思っています。今の自分の感覚で言うと、ある程度イメージできるものは2、3日もあれば形にできるんですよ。目に見える形を作るためにRailsを覚えるのはいいと思いました。なので、いつまでも「こんなサービスできたらいいなあ」とかぼんやりと思い描くぐらいだったら、2ヶ月間の最初の3週間くらいでさっさと学んで、さっさと作れるようになる方が仮説検証も早くできて時間的な価値があると思っています。

original-1.JPG
TechAcademyマークをしていただきました!

(インタビュアー:横内優子)

オンライン対応だからダブルワークも可能!サラリーマンエンジニアがメンター業務を選んだワケ

Original

今回は、会社員としてシステム開発をする傍ら、塾講師の経験を活かしてメンターをしている早崎徹さんのインタビュー。プログラミングで世界を変えられることを受講生に伝えたい、とおっしゃる早崎さん。メンター業務のやりがい、プログラミングを学ぶメリットについて伺いました。

プロフィール:早崎 徹
1983年生まれ。東京都在住。医療関連に特化した広告代理店でWebシステム開発を担当。本業の傍ら、学生時代にアルバイトをしていた塾講師の「教える」経験を活かして、オンラインブートキャンプのメンターをつとめる。きめ細やかな対応とレベルに合わせた丁寧な指導で、受講生から定評のあるメンター。

塾講師からプログラミングを仕事に

――今はどんなお仕事をされているのでしょうか?

医療関連に特化した広告代理店のような会社でWebシステムの開発を担当しています。オンラインブートキャンプのメンターは個人の仕事として受けています。

――プログラミングはどのように学ばれたのでしょうか?

もともと高校の時にHTML/CSS、JavaScriptを書いてWebサイトを作るというくらいのものは趣味の範囲でやっていたのがは最初です。その後、大学が情報関連の学科だったので、プログラミングやシステム管理を勉強していました。ただ、アルバイトで塾講師をやっていて、そっちの方が面白くてあんまり学校に行かなくなって大学も中退してしまったんです。

――プログラミングを仕事をしたのは就職してからでしょうか。

そうですね。ソフトウェアの開発会社に就職して、C#を使っていました。研修がしっかりしていて、平日仕事が終わったあとに皆で集まって、新入社員向けに研修してくれていましたね。その会社では、ある程度仕様が決まったものに対してシステムを作っていくことを仕事にしていました。

――フリーランスの前は他の仕事もされたのでしょうか?

最初の会社を辞めて、旅行関連のWebサービスを運営している会社に転職しました。そこでは予約のためのシステム開発などをしていました。あとは社内の人がシステムを円滑に使えるようにするために、パソコンをセットアップしたり、ファイルサーバの設定をしたりという仕事もしていましたね。少人数だったので何でもやらないといけなかったのですが、僕には面白かったです。

――Webの仕事はその会社が初めてだったのでしょうか?

Webアプリケーションをしっかりと扱ったのは初めてでした。それからはずっとWeb関係の仕事をしています。

original-1.JPG

受講後も自分で形にできるような力をつけてもらいたい

――メンター業務はなぜやってみようと思ったのでしょうか?

もともと塾講師をやっていたというのもあって、「教える」ということにずっと興味を持っていたんです。それで内容を伺って面白そうだと思ってやることにしました。

――メンターはリモートでの業務になるのですが抵抗などはなかったですか?

一切ないですね。もともと個人で受けていた案件もSkypeでコミュニケーションしていたんです。なので、ビデオチャットで受講生と話をしたり、チャットツールで質問を受けたりすることに抵抗はありませんでした。

――実際にやってみて大変なことはありますか?

カリキュラムの内容であれば、知らないことをいきなり聞かれて困るということはないですね。ただ、オリジナルサービスは受講生のみなさんが自分で調べて作っているので、それに対する質問は即答できないこともありますが、逆に僕も勉強になったりしながら進めています。

――チャットのやり取りも多いと思うのですが、工夫されていることはありますか?

短い文章だけで質問された方の場合は、何回かやり取りして「本当は何を聞きたいのか」について汲み取ってからお答えするようにしています。

――マンツーマンのメンタリングはいかがでしょうか?

IT企業で働いている方や、大学に入ったばかりの方などいろんなバックグラウンドを持っている受講生がいるので面白いですね。まったくの初心者の方もいらっしゃいますし。

――メンタリングで意識されていることはありますか?

モチベーションが継続することが大事だと思うので、とりあえず自分で作れるようになって、そのイメージができるようになってもらうことを意識しています。なので、「これができるようになると、こういうことができますよ」みたいなことを伝えていますね。

――他に受講生に伝えていることはありますか?

わからなくてもちょっとは自分で考えてみてくださいと伝えています。受講中はいつでもメンターに相談できるという環境があるのですが、今後はそれがなくなっても1人で形にできるような力を付けてもらうのが大事だと思っています。

――DemoDayではメンタリングを担当された受講生ともお会いされてましたが、いかがでしたか?

発表もされていたのですが、素直にすごいなと思いました。僕自身、「こんなシステムを作りたい」と思って作っても、結局、流行らなかったということもあります。それなのに、8週間で企画から考えて自分で作り上げて発表までできるはすごいですね。

original-2.JPG
メンタリングの様子

プログラミングには世界を変えられるだけの力がある

――メンター業務をしていて、やりがいはどんなところでしょうか。

先ほどお話しした、受講生がDemoDayで発表しているのを見て良かったなと思ったことですね。普段はIT関連の企業に務めているそうです。

――その方はもともとプログラミングをされていたのでしょうか?

少しはやったことがあるそうですが、普段の仕事ではプログラミングをしていないそうです。 実際に自分も書けたらいいなということで受講されていました。

――早崎さん自身はプログラミングができることのメリットは何だと思っていますか?

最初は思っていなかったのですが、今はプログラミングができると本当に自分の力で世界が変えられると思っています。例えば、自分が何かシステムを作って、それによって誰かの生活を便利できたらその人の人生を変えているわけじゃないですか。なので、受講生にもそんなことを思って作ってもらいたいですね。

――今後メンター業務をするにあたって意気込みなどありますか。

意気込みというわけではないですが、今仕事に困っている方もいるじゃないですか。そういう方は、とりあえずプログラミングやったらいいんじゃないかと僕は思っています。

――それはどうしてですか?

プログラマーってずっと足りないって言われているじゃないですか。それで職がない人もいっぱいいて、その人たちがプログラミングをできれば解決できるんじゃないかと。単純な考えで、そんなにうまくいくかわからないんですけれど、プログラミングを勉強する裾野をどんどん広げていければいいなと思っています。なので、メンター業務を通じて受講生が少しでも幸せになれるような環境を作っていきたいですね。

(インタビュアー:横内優子)